チュラビスタ 2011帰国報告会

2011.09.25(Sun)

小田原には国外に二つの姉妹都市があります。
オーストラリアのマンリーと、カリフォルニアのチュラビスタ。

23日はチュラビスタに行った3姉妹の帰国報告会でした。

OBとしては例年どんな事を発表するのか、非常にわくわくすると同時に、物凄く不安でもあったりします。
今回はやられたーって思いました(笑)

今回の姉妹都市交流って、これまでとは全然違った意味がありました。
というのは・・・

・例年はチュラビスタに渡航する前にチュラビスタの青年4人が小田原市で様々な交流活動を行うのですが、それが無かった事。
・小田原の青年が4人ではなく3人だった事。

それに加え、
・今年がチュラビスタと小田原の姉妹都市提携30周年の年である事。
・そのチュラビスタが市制100周年を迎える事。

プレッシャーの大きさは半端無いものだったんでしょう。きっと。



そんな3姉妹の発表をほんの少しだけご紹介。

派遣生最年少のRinaは食について発表しました。

IMG_1432.jpg

毎日食べたメニューを一つ一つメモして、
ステイ先では平均してどんなものを食べているのか、
日本と比べて何が足りないのか、多いのか。

IMG_1435.jpg

Greg Coxサンディエゴ郡長と健康について話をし、飲食店の衛生面でABCのチェックをつけて注意している事や、
アメリカでは平気で食べ物捨てているけど、それって適度なサイズの食べ物が無いからなんじゃないかという事や、
カンボジアで飢えている人たち、アメリカで平気で捨てている人たちの比較等々・・・
食べ物好きとしては非常に興味深い話ばかりでした。

杉清の蒲鉾が海外に売られているという事は、その時初めて知りました。
しかも「小田原蒲鉾」として。いつのまに。

とにもかくにも、プレッシャーって大きかったんだと思います。
事前研修で大分食に関していじめたから。(笑)

うそうそ。

期待を大きく超える結果を出してくれて、わたくし嬉しいです。


既に締めきりましたが10月中旬には、
市政100周年、姉妹都市提携30周年を記念して、小田原市民訪問団がチュラビスタに行きます。

小田原の国際交流は県西ではかなり栄えていると思います。
市民訪問団によって、更に活性化する事を期待しています♪

http://ameblo.jp/odawarakokusai/



最後に、もう3年ほど前になりますが、Cheryl Coxチュラビスタ市長との写真。

IMG_0316.jpg

小田原の親善大使として行った翌年に一人で会いに行きました。
Greg Coxサンディエゴ郡長はCheryl Cox市長の旦那さんなんですけど、
夫婦でトップを務めるって、なかなか稀なケースだそうですね。
写真を見たら元気そうで何よりでした。

次はいついけるかな・・・。
チュラビスタの知りたい事盛りだくさんです。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

odawalife

Author:odawalife
小田原の食の伝道師お茶です。自他共に認める小田原好き。

I'm...
小田原スイーツ大使(小田原プロモーションフォーラム公認)
まち歩き観光ガイド@清閑亭
小田原スイーツ会会長

小田原海外市民交流会 YOIFA会長
地球市民フェスタ実行委員 主に広報担当
国際交流グループGo ouTの主催メンバー

小田原まちなか市場実行委員
最年少の足柄茶コンシェルジュ

早すぎた英雄梅丸の護衛担当忍者として活動していたり、えっさホイおどりで聯に所属し、踊っていたりします。

それから割とガチな帽子好き。
部屋には70個以上の帽子が住み着いています。

色々な方と関わるのが好きです。
よろしくお願いしますー!

like box

Twitter...A

ブロとも申請フォーム

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。