中学生~社会人対象、夏に市内で行われる国際交流事業について。

2014.04.26(Sat)

小田原には毎年行われている2つの国際交流事業があります。
一つがオーストラリアのマンリー市。もう一つが私も関わりの強い、アメリカ合衆国カリフォルニア州チュラビスタ市です。
1-20140422143529.jpg 1-20140409094233.jpg

この夏、世界と つながる。
「海外姉妹都市青年交流事業 説明会」開催!(5/11)

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/exchange/sister-c/2014chula-setsumeikai.html

この夏、世界と つながる。
第31回「海外姉妹都市青年交流事業」参加者募集!(5月26日まで)

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/exchange/sister-c/2014chula.html

「小田原海外市民交流会では、姉妹都市であるアメリカ合衆国カリフォルニア州チュラビスタ市の青年と、小田原市の青年の相互派遣交流事業を、約30年間にわたり行っています。小田原市からは、今までに110名の青年がチュラビスタ市を訪問し、両市の友好を深めるとともに、帰国後もその経験を生かして国際交流活動を積極的に行っています。」

その110名のうちの1人がワタクシです。
海外姉妹都市青年交流事業は大学一年生の歳、18歳から28歳までが対象で、国内でチュラビスタの青年たちとホームステイなどを通じて二週間弱滞在した後、チュラビスタに二週間弱の滞在をし、経験を積んで貰おうというものです。

一番聞かれるのは、
「英語が喋れないけど大丈夫か?」ということなんですが、
英語を喋れる喋れないより、周りと仲良くやる意識の方が何倍も大事だと思います。
私の父親は一切英語が喋れません。
それでも私がホームステイを受け入れた時、仲良くやってたんですよね。悔しいことに私より(笑)
聞かれた時は上記のように回答してます。

そしてこちらの交流事業では今年から説明会を開催することになりました。(参加は必須ではありませんが、参加した方が興味も増すと思います)
少しでも興味があったら、ぜひとも説明会に来て頂きたいんですよね。
来て頂いて、それで合わないと思ったらそれはそれでいいと思うんです。
私も会場に居る予定ですし、色々と質問して頂きたいなーと思います。昨年度派遣青年の話も聞けますよー!

昨年のエントリーで海外姉妹都市交流事業に関して、いくつかの疑問に思われるような部分に関しては回答していますので、ぜひこちらもご覧ください。
青年交流事業参加者募集が始まっています。
http://odawalife.blog.fc2.com/blog-entry-86.html



そしてもう一つの国際交流事業。
平成26年度「ときめき国際学校」親善大使募集!(~5月14日)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/exchange/i-exchange/2014tokimeki.html

こちらは中学生から高校生が対象です。
私は当時この事業を知らなかったので、参加していないのですが
毎年参加した人からは色々な経験ができたー!と事業を通じて充実していた話をよく聞きます。


詳しくはそれぞれのURLをご覧くださいねー。
皆さんの参加をおまちしてまーす。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

odawalife

Author:odawalife
小田原の食の伝道師お茶です。自他共に認める小田原好き。

I'm...
小田原スイーツ大使(小田原プロモーションフォーラム公認)
まち歩き観光ガイド@清閑亭
小田原スイーツ会会長

小田原海外市民交流会 YOIFA会長
地球市民フェスタ実行委員 主に広報担当
国際交流グループGo ouTの主催メンバー

小田原まちなか市場実行委員
最年少の足柄茶コンシェルジュ

早すぎた英雄梅丸の護衛担当忍者として活動していたり、えっさホイおどりで聯に所属し、踊っていたりします。

それから割とガチな帽子好き。
部屋には70個以上の帽子が住み着いています。

色々な方と関わるのが好きです。
よろしくお願いしますー!

like box

Twitter...A

ブロとも申請フォーム

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。