赤いベレーに蒼い梅丸。私たちはGスリー。

2014.04.06(Sun)

どうやらこの服装が目立ちすぎてやや噂になってると聞きました。
1619194_596897277055369_494511524_n.jpg

背中に描かれているのは小田原のゆるキャラとして今人気再沸騰中の梅丸くんです。
ゆるキャラという言葉が無かった時代、1990年から翌年にかけて行われた「ときめき小田原夢まつり」の公式キャラクターとして誕生しました。
早すぎた小田原の英雄としても知られ始めています。
(実際のこの色は蒼というより紫に近いのですが)

赤いベレー帽は「まちえん」こと、NPO法人まちづくり応援団のガイド帽です。

帽子好きの私も結構このガイド帽はお気に入り。
ちなみに自宅に所持している帽子は40個くらいです。

私は、その「まちえん」で観光ガイドを始めました。
大変ありがたい事に、広報おだわら4月号の5ページにも掲載して頂いています。
広報おだわら4月号.pdf

603580_10152277799449407_1010567538_n.jpg

で、G3とは何よ?って話なのですが。
まち歩き観光を推進するための「地域観光資源活用・PR事業」に携わる、
私を含めた3人を総称して、職場内で使っているコードネームでございます。
ガイド3人。だからG3(ジースリー)(笑)


まち歩き観光と言いました。
小田原の観光スポットと言えばお城も一つですが、お城以外にも様々な魅力的なスポットがあります。
500年以上前から営業を続ける薬屋さんや、山縣有朋の近代日本庭園の傑作古稀庵、全国初の上水道小田原用水。
坂の上の雲の主人公として有名な秋山真之が没した地や、民法発祥の地も小田原にあります。
このように歴史を探るとどんどん面白い事が出てきます。
そういった物をまちを歩きながら伝え、もっと小田原を好きになって欲しい。それは3人の共通の思いであります。

ただし、私は歴史よりも小田原の飲食店やイベントやスイーツの方にめちゃくちゃ強いので、
その間違いの無い私の強みを絡めたらユニークで面白いものができるなあ、と思っている所なんです。

今はまだ勉強中。
GWを過ぎた頃にはばっちり一人前になって、皆さんに沢山の事をお伝えしたいです。



最後に通年募集のツアーに関してお知らせ。
小田原まち歩き 『城下町・宿場町のなりわいを訪ねて』
城が築かれ、街道が敷かれ、多くの人や物が集まり、数々の名品を世に生み出してきた小田原。そんな歴史やロマンあふれるこの町の「なりわい」と、小田原に息づく「邸園文化」を訪ねるまち歩きです

小田原まち歩き 『政財界人が愛した邸園を訪ねて』
城下町、宿場町として栄えた町を歩けば、歴史の名残を随所で感じることができます。明治時代には文化人や政財界人が別荘地や保養地として、古美術品を収集し、庭園を築き、 “邸園文化”が花開いた小田原を巡ります。


私たちG3がこちらのガイドを担当しています。
ぜひとも気軽にお問合せ下さい。
他にも企画ツアーはありますので、ぜひとも。

また、清閑亭は火曜日以外無料開放しています。
気軽にご来場下さい。予約不要&無料で館内ガイドもしています。
(その際は「お茶くん」をお呼び下さい(笑)

問い合わせ、ツアーのお申込み先はこちら。
小田原邸園交流館 清閑亭
神奈川県小田原市南町1-5-73
TEL 0465-22-2834 

スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

odawalife

Author:odawalife
小田原の食の伝道師お茶です。自他共に認める小田原好き。

I'm...
小田原スイーツ大使(小田原プロモーションフォーラム公認)
まち歩き観光ガイド@清閑亭
小田原スイーツ会会長

小田原海外市民交流会 YOIFA会長
地球市民フェスタ実行委員 主に広報担当
国際交流グループGo ouTの主催メンバー

小田原まちなか市場実行委員
最年少の足柄茶コンシェルジュ

早すぎた英雄梅丸の護衛担当忍者として活動していたり、えっさホイおどりで聯に所属し、踊っていたりします。

それから割とガチな帽子好き。
部屋には70個以上の帽子が住み着いています。

色々な方と関わるのが好きです。
よろしくお願いしますー!

like box

Twitter...A

ブロとも申請フォーム

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。