田畑真希コンテンポラリー・ダンスプロジェクト。

2013.10.07(Mon)

田畑真希さんの4回のワークショップに加え、リハーサル、そして6日の本番と
超タイトでハードなスケジュールの一週間が終わった。

下は13歳、上は68歳までの、癖が強くておもしろおかしい12人によるWS作品小田原ラプソディは
猿子をシャンシャンと鳴らし、小田原らしさを感じる、素敵な15分の作品になった。
IMG_6545.jpg
私やっぱり分からないものは分からないけど、コンテンポラリーダンスって何?って未だに思うけど
タバマさん、カスヤンさん、ワンちゃんの3人が魅せて下さった「メルヘン」を見て、
ほんの少しだけ答えに近づけた気がする。少しだけね。

作品の序盤3,4分後くらいから、最後まで号泣しっぱなしだった。
光を浴びた3人のあの姿。不思議な空間だった。
思うに、私が踊りを見て涙流したのは初めてだったような。



そういえば今年のえっさホイは9月22日開催で、
このWSを知ったのはえっさの直前だったのかな。
踊りたい欲求がめちゃくちゃ高まってた時にこのWSを知ったんだ。
6時半からとか絶対間に合わないし!!!けどこのWS超面白そう!って思ってね。
文化政策課行って、話を色々聞いてきたんだ。
普段お世話になってる文化交流係に、あ、今日はそっちじゃないんです・・
でも後で行きますね、って言ってね(笑)

ほんと、素晴らしく良いタイミングで出会ったもんだ。
10年前に出会っていたら、人生も変わっていたかもしれないなあ。

2013年は私にとって踊りの年になった。
あと2カ月あるけどね。
体動かすってたのし、踊るってたのし。

練習する時間があまり無い中で100名以上の方々の前で踊るのって、
ちょこっとだけ緊張したけれど、気持ち良かった。

あとで22枚のアンケートを一枚一枚ゆっくり読んだ。

心がほっこりした。

えっさの時にも言ったけど、どんな理由うであれ、地元にきて、地元の素敵なもの見て食べて帰ってくれると、地元民としてほんとに嬉しい。
海鮮丼であれ、御幸浜であれ。

次いつ来てくれるのかなあ。
こういうWSが盛んに行われると、もっともっと楽しくなるだろうなあ。

平成28年に芸術文化創造センターが完成した時、そんな小田原になってたら、いいな。

おわり。
スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

odawalife

Author:odawalife
小田原の食の伝道師お茶です。自他共に認める小田原好き。

I'm...
小田原スイーツ大使(小田原プロモーションフォーラム公認)
まち歩き観光ガイド@清閑亭
小田原スイーツ会会長

小田原海外市民交流会 YOIFA会長
地球市民フェスタ実行委員 主に広報担当
国際交流グループGo ouTの主催メンバー

小田原まちなか市場実行委員
最年少の足柄茶コンシェルジュ

早すぎた英雄梅丸の護衛担当忍者として活動していたり、えっさホイおどりで聯に所属し、踊っていたりします。

それから割とガチな帽子好き。
部屋には70個以上の帽子が住み着いています。

色々な方と関わるのが好きです。
よろしくお願いしますー!

like box

Twitter...A

ブロとも申請フォーム

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。